秋のお彼岸に贈るお供え花

今年の秋のお彼岸は
9月19日~25日です

秋のお彼岸は、秋分の日を中日とした前後3日間を含めた7日間のことを指します。
ご先祖様や故人に祈りを捧げ供養する大切な行事。
この期間は、お墓参りに行ったり、ご仏壇を整えたり、
ご親族やご家族のお家にお線香をあげに行ったりする方も多いのではと思います。
そんなお彼岸に欠かせないお供えものと言えば「お花」です。
ご先祖様や故人への感謝の気持ちと共に、心を込めたお花をお供えしましょう。
「秋のお彼岸」に贈るフラワーギフトは、花樹園オンラインドットコムにお任せ下さい。

お花をお供えしてご先祖様に
感謝を捧げましょう

Offer flowers
ご先祖様への日頃の感謝の気持ちを表す大切なお供え花。
秋のお彼岸にはお墓やご仏壇などを手入れし生花などをお供えして供養します。
心を込めたお花をお供えして、人や己の心を清め、ご先祖様をうやまい、亡くなった故人を偲びましょう。
白系を基調とした色合いが一般的ですが、秋らしい季節のお花や明るいお色が入っても良いでしょう。
※下記の商品ボタンをクリックしていただくと、秋のお彼岸にふさわしいお花を一覧からお選びいただけます。
  • 秋のお彼岸の花束

    花瓶に生けて華やかに彩る花束は、
    墓前や後仏壇に分けても飾ることができるので喜ばれます。
    また色合いは、白系を中心にお供えするのが一般的ですが、
    淡いお色が入ってもOKです。
    秋らしい季節を感じる花材が入っているとさらに喜ばれますよ。
  • 秋のお彼岸のアレンジメント

    気軽にそのまま飾れるアレンジメントは、
    お届け後、手間なくすぐに飾れるため贈り物としてとても人気があります。
    秋の花材の入った明るめなお色や一般的な白系主体の色合いまで
    色合いのバリエーションが豊富でお彼岸の贈り物にオススメです。

  • 秋のお彼岸のプリザ―ドフラワー

    お手入れ不要の枯れないお花プリザーブドフラワーは、
    飾る場所を選ばずにコンパクトに飾れます。
    また、水やりなどの手間が一切かからない為、お届け先様が外出しがちなご家庭や年配の方へのお彼岸の 贈り物として喜ばれます。
  • 秋のお彼岸の胡蝶蘭

    花持ちが良く、長く楽しめる胡蝶蘭は、
    まだ残暑が続くこの時期の暑さにも強く2カ月〜3ヶ月もの間鑑賞できます。
    ご仏壇周辺を華やかに彩りたい方や生前、蘭が好きだった方への
    お彼岸の贈り物としてオススメです。
Flower
秋のお彼岸に故人の好きだったお花やこの時期の旬のお花から選んでみませんか。
コスモス
Season Flower

可憐で可愛らしい表情が誰からも愛される
この時期の供養にふさわしい季節のお花です。

リンドウ
Season Flower

深い青色や紫色が秋の訪れを知らせてくれる
品のある季節のお花はお彼岸にピッタリです。

秋のお彼岸とは?

お彼岸は春と秋、年に2度訪れる日本独自の行事です。
それぞれ春分の日と秋分の日を中日とした前後3日間を含めた7日間のことを意味します。
これは、1年で2度、昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日に仏教では「あの世」へのゲートが開くといわれてきました。
太陽が真東から昇り、真西に沈むので、古くから人々は沈む太陽を礼拝し、遥か彼方の極楽浄土への想いをはせたのがお彼岸の始まりであるといわれています。
やがて、お彼岸の中日である秋分の日は、国民の祝日となりました。
これは、1948年(昭和23年)に施行された「国民の祝日に関する法律」で秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々を偲ぶ」ために祝日とされ、祖先の供養をする行事へと趣旨を変え定着しました。
また、この期間に行う仏事のことを「彼岸会」と呼び、お彼岸の最初の日を「彼岸の入り」、春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち・なかび)、お彼岸の最後の日を「彼岸明け」と呼びます。

秋のお彼岸とは?
秋のお彼岸には、どんなお花を贈れば良い?

お彼岸に贈るお花に明確な決まりはない為、故人が好きだったお花を贈ったり、この時期の旬のお花を入れたお花を贈っても良いでしょう。
特に季節のお花は、秋の訪れを感じるこの時期にしかないお花なのでご親戚やご家族にも喜ばれることでしょう。
色合いでは、白や淡いお色が少し明るめな色合いが人気ですが、故人が亡くなってから日が浅い場合は、白や青、紫など控えめな色合いのお花が望ましいでしょう。
お花のスタイルでは、一般的に花束やアレンジメントを選ぶ傾向にございますが、 まだ残暑が続くこの時期は、花持ちの良いプリザーブドフラワーや胡蝶蘭を選ぶ方も多いです。

秋のお彼岸には、どんなお花を贈れば良い?
秋のお彼岸のお花を贈るタイミングは?

お彼岸にお花を贈る場合、「彼岸入り」の前日までにお届けするよう心がけましょう。
また、初彼岸などの法要にお花を贈る場合も同様に「彼岸入り」の前日までに供花を手配しておくことが望ましいです。
法要やお坊さんの手配など初彼岸には事前にご準備することも多いので お花の手配は、「彼岸入り」前の早めのお届けが望ましいでしょう。

秋のお彼岸のお花を贈るタイミングは?

メッセージカード名札・立札もお付けできます

メッセージカード
名札・立札もお付けできます

メッセージカード

お供え花に付けるメッセージカード

今は亡き、故人への想いをメッセージカードに添えて、あなたの気持ちを伝えます。

  • メッセージカードは無料です
  • 全商品に付けられます※但し、スタンド花を除く

名札・立札

お供え用の名札・立札

お供え用の名札・立札をお付けする場合、亡くなって間もない方への枕花や法要、お盆・初盆、お彼岸などの行事や節目の法事などでお付けする場合が多いです。
個人またはご連名で贈る場合は、【表書き】と【ご注文主様】のみを書かれます。
会社から贈る場合は、【贈り主様会社名のみ】もしくは【贈り主様会社名】【贈り主様役職名、氏名】のみを書かれる方もいます。
名札・立札の対応商品については、商品ページをご覧下さい。
名札・立札の書き方はこちらをご覧下さい。

最短翌日から指定日お届けが可能です

最短翌日から
指定日お届けが可能です

最短翌日から指定日お届け

翌日配達のアイコンが表示されている商品に関しては、最短翌日から指定日お届けが可能です。翌日配達のアイコンが表示されていない商品に関しましては、商品によって異なりますが、最短1日~最長約10日後から指定日お届けが可能です。
詳しくは、商品詳細ページをご覧下さい。

配送日の注意

「ヤマト運輸」にての配送となります。天候などの風水害や交通事情等により、お届け希望日やお届け時間帯のご希望に添えない場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。また、お取引上の大切な会社様や大切な方へ贈る場合、余裕をもって前日にお届けすることを推進しております。何卒、ご理解いただきます様お願い申し上げます。

請求書&領収書はいつでもどこからでも
マイページから手軽に発行できます

会員登録していただくことで、マイページのご注文履歴から請求書&領収書をダウンロードすることができます。(会員登録する際のお名前は請求書や領収書に記載する宛名で登録する必要がございます)
また、会員登録しないでご注文する場合でも、請求書&領収書の発行が可能です。
その際、お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。もちろん無料です。

秋のお彼岸の請求書と領収書
< 前へ次へ >
< 前へ次へ >